学生ローンセミナー
MANU
   信用情報について

個人信用情報とは・・・貴方の住所・氏名・生年月日など個人を特定する情報のことを言います。

信用情報機関とは・・・個人信用情報を管理し、会員である学生ローンなどの貸金業者に客観的事実に基づく借入状況や、延滞情報などを提供します。

学生ローンも含めた貸金業者は、多重債務者の防止と、健全な貸付を実行する為、信用情報機関の利用が義務付けられています。

信用情報の仕組みと流れ
例えばA君が学生ローンB社に借りにいったとします。
この時、B社はA君に対し、信用情報機関にA君の個人情報を提供することを説明し、同意を得ることが義務付けられています。
そして、A君が10万円を借り入れた場合、学生ローンB社は信用情報機関に、A君の住所等の個人情報と、10万円を貸し付けた事実をありのまま報告をします。
次にA君は、学生ローンC社に借りにいったとします。
当然、C社は同様の手順を踏み、A君の信用情報を取得します。
ここでC社は、A君が他社で10万円を借りていることを知ることができます。(与信判断の為の利用で、義務付けられています)
実際には、他での借り入れが1社で10万円であれば、C社でもまず借りることはできます。
ただし、返済が遅れたりすると、その事実も報告されるので、他社での借り入れが困難になるというわけです。

第三者が信用情報を知りうることは可能か?
こちらの答えはNOです。
信用情報は、あくまでも貸金業者が貸付の与信判断にのみ利用が許されるものであって、第三者が興味本位などで取得できるものではありません。
よく、就職の際などに悪影響がないか心配される方が多いようですが、就職先が貴方の信用情報を知る術はないので、大丈夫です。
仮に就職先が金融関連だった場合、信用情報の取得は可能ですが、上記でご説明の通り、与信判断のみにしか利用が許されていないので、心配いりません。
(法律で、与信判断以外の利用を固く禁じられています。)